抜きログ
青山未来

青山未来
青山未来がカリビアンコム配信の「女熱大陸 File.053」に登場し、インタビューで性癖を告白しています。

AVデビューのきっかけ、思い出の作品などなど。自宅でのオナニーなども赤裸々に告白、ファンならずともカウパー無しでは聞けない激エロな内容です。今回、インタビュー映像を忠実に文字起こししてお伝えします。

青山未来 女熱大陸 File.053

青山未来
以下、青山未来の「女熱大陸 File.053」インタビュー部分の文字起こしです。

――未来ちゃんはAVデビューしてどれくらい?
だいたい2年ですね。2年目です。

――業界は長い感じ?
まぁ長いですね。

――最初の現場ってどうだったの?
私は一番最初の現場で、喘ぎ声があまりに大きすぎて、近隣から苦情が来ました。ちゃんとスタジオ借りて、窓も締めていたのに、苦情が来ました。

――なんだってーー?そんなに大きかった?今聞いてみたいな。
(笑いながら)あーん、あーん。

――AV界に飛び込んだきっかけはなんだったの?
渋谷歩いていたらスカウトされました。それまではチョコレート工場でラインの仕事してたんですよ。渋谷で、ねぇねぇお姉さんって言われて。

――こんな可愛い子いたら声かけるよね。僕もスカウトするもん。
あ、でも私人生で一度もナンパされたことないですよ。ナンパされてみたいです。

――うそだー。
本当ですよ。誰も寄ってこないんですよ。普段の私は怖いのかもしれません。

――ところで、デビュー時代の思い出ってありますか?
性に対して、私ははもとから貪欲なんですが、私の周りの(一般の)友達は性に対して閉鎖的だったので、私は濡れやすいとかエッチが好きとか、(AV撮影の現場は)平気で言えるので、そんな場所があることが凄くうれしかったです。私は濡れやすいし、乳首はすぐ勃つので、私っておかしいのかな?ってずっと思っていました。

――今も乳首は勃ってるの?
(自分で胸を確認して)はい、勃ってます。

――この撮影面白いとか、思い出ありますか?
アクションした作品があって、それが面白かったです。私は剣道が2段なので、殺陣(「たて」と読む=時代劇等の立ち回り、武器を使った演技など)は得意なんです。私、棒を使うことは得意なんです(笑)。ダンスも得意で、キレキレですよ。

――ダンスといえば、ツイキャス配信してますよね?
はい、プライベートで適当に配信しています。

(このあと回し蹴りとダンスを披露)

――家でオナニーはするの?
いま、家に電マが3本あって、熱がこもると熱くなるので冷えピタを貼りながら電マでオナニーしています。電マを使って「ああ、いっちゃダメ」って、自分で自分を焦らすのが好きです。

青山未来の激しい責めに男優がタジタジ

青山未来
後半は若手の男優クンとのプレイ。どSでもあり、どМでもあると語っていたことがある青山未来だが、その本領を発揮したプレイで、青山未来を堪能できるハメ映像です。

プレイの最初は男優クンを苛めて焦らして、すっかり青山未来のペースで進み、気持ち良すぎるのか、男優クンが仕事を放棄して無口となり快感に身を任すほど。「気持ち良すぎて、訳わかんないっす」と言い放つ男優クン。裏山だゾ。

途中から、私も気持ちよくなりたい!と青山未来がおねだり。男優クンが遠慮気味に責めると、もっと強引にして!と注文するほどセックスに貪欲な青山未来。ここで責めなきゃ男じゃないとばかり、男優クンがテク炸裂させると青山未来も乳首を勃起させて、気持ち良さそうです。

お互いの歳がそれほど離れていないのが良かったか、見つめ合って、舐め合って、舌を絡めて、まるで恋人のような濃厚セックス!最後はしっかり中出しされて、喘ぎながらファンへのメッセージ付き!

「一日3回はみく二ーしてね」だって。

みく二ーとは、青山未来=あおやまみくでオナニーすることを略してみくニーと言うそうです。

ちなみに、青山未来はブ男に犯されるのが好きだとか。なら、管理人の抜きっちにもチャンスあるじゃん。てなことを想像したらみくニーできそうです。うぉぉ、みくニーぃ!

青山未来の無修正作品詳細。
青山未来 女熱大陸 File.053